闇金融解決のために

闇金融解決に効くのは債務整理ではなく弁護士への相談

闇金融の勧誘方法

最近はあまり聞かなくなっているかもしれませんが、今でも確実に闇金融は存在します。そして、私たちに法外な金利でお金を貸し付けて食い物にしようとしています。でも、基本的に店舗もないのにどうやって私たちにお金を貸そうとしているのか、結構身近なところで勧誘しているので紹介します。

 

 

まず多いのがダイレクトメールです。スマホや携帯電話、パソコンなどに直接送ってきて勧誘してきます。特に以前、お金を借りた経験がある人は顧客情報などからその情報が洩れて闇金融から送られてきやすくなります。

 

次に、自宅やマンションのポストに直接チラシを入れてくる方法です。この方法の場合は、あまり相手を特定することなく投函してきたりするので、まったくお金を借りたことのない人のところのポストにも入っていることがあります。

 

さらに、メール便などを利用して郵送で直接案内が届く場合もあります。メール便で送られてくるんだから安心だろうと思ってお金を借りると闇金融だった、ということになりかねません。

 

このように闇金融は身近なところで、私たちに接触を図ろうとしています。安易に借りてしまうと、人生破滅しかねません。くれぐれもこういったものの誘いに乗らないようにしましょう。
もし乗ってしまった場合には、信頼の出来る法律事務所でヤミ金融で困ったと相談をしてみるのも良いでしょう。

 

多重債務で困ったら自己破産も視野に入れたい

債務整理と自己破産を思い浮かべることも多いかもしれません。自己破産というのは新しい人生のスタートをするために国が決めた救済方法であり、借金を帳消しにすることができる債務整理の一つになります。

 

保有している財産の一部を手放すことになりますが、自己破産をすることでそれまでの借金を返済するための生活から解放されることになりますので、支払いをすることが困難になった場合は利用を考えたいものです。借金が支払えなくなった方はこちら

 

自己破産をすることに誤解をしている方も多くいます。よく言われるのが選挙権がなくなるとか年金がもらえない、会社を解雇されるなどの話しが独り歩きしていますが、実際にはそのようなことはありません。

 

一定の財産を失うことになりますが、生活をするために必要最低限な家財道具は確保できますし、財産としての価値のない家財道具が差し押さえになることは少ないです。

 

自己破産を行うことでメリットがあるものですが、その反面デメリットもあります。最も大きな部分が、保証人がいる場合です。債務者本人が自己破産をした場合、その債務は保証人が支払わなければなりません。そのため保証人へ多大な迷惑をかけることは認識しておかなければなりません。

 

他人に迷惑をかけることになる自己破産ですが、その分再スタート後は堅実な生活をすることも考えられますので、多重債務等で困っている場合は債務整理をしてやり直すということも重要な選択です。


ホーム RSS購読 サイトマップ